<スポンサードリンク>


<スポンサードリンク>

2007年07月15日

スイフトスポーツは、スズキ「スイフト」の

スイフトスポーツは、スズキ「スイフト」のスポーティバージョンです。ハッチバック型の自動車としてスズキから発売されている「スイフト」シリーズの月間販売数である約4000台のうちの2割である700台から800台を占める人気モデルです。その理由としてあげられるのが、スイフトスポーツ・シリーズの約7割がマニュアル車であるということ。オートマチック車が大半を占める日本の自動車市場の中でも異色を放つ存在です。


2007年5月にマイナーチェンジしたスイフトスポーツは、大きく分けて2つの改良が加えられました。そのひとつがESP機能が標準装備されました。ESP機能とは、各輪がそれぞれブレーキ制御できる機能で、車体の安定走行をサポートします。特にカーブでの走行の際の安定感が増しました。Electronic Stablity Programの略です。


もうひとつの改良点は、ギア比の変更です。今回のマイナーチェンジで、ギア比がハイギヤードからローギヤード化されました。それまでのスイフトスポーツは、低燃費を意識した低回転のハイギヤード・チューニングがほどこされていました。そのため、パワー不足感が否めず、弱点と言われていました。しかし、今回のハイギヤード化は、燃費と静粛性を重視した低回転・高速志向のギア比が設定されているため、今までの燃費効率を維持しつつ、パワー不足を解消し、パワーアップ感が充実しました。


そのふたつの改良点(ESP機能、低燃費ローギヤード仕様ギア比)を実感するだけでなく、インテリア(内観)をチェックするためにも、試乗は最適な手段です。スポーティなエクステリア(外観)にくわえ、左右のサポート性を考慮したレカロ仕様のシートは大きめなので、長距離ドライブでも快適そのもの。車内の収納スペースの使いやすさの確認も兼ねて、是非、試乗してみてください。

posted by スイフトスポーツ at 11:57| スイフトスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

スイフトスポーツとは、スズキ・スイフトの

スイフトスポーツとは、スズキ・スイフトのスポーツ仕様のハッチバック型自動車のことです。約70%がマニュアル仕様で、オートマチック車が大半を占める日本自動車市場の中でも珍しい異色シリーズにも関わらず、月間700台から800台が売れています。スイフトシリーズ全体でも月4000台なので、月間700台から800台という数字は、スイフトシリーズの約20%の販売数を誇ります。実は、スイフトスポーツは、隠れた人気モデルなんです。


2007年5月にマイナーチェンジしたスイフトスポーツは、大きく分けて2つの改良が加えられました。そのひとつがESP機能が標準装備されました。ESP機能とは、各輪がそれぞれブレーキ制御できる機能で、車体の安定走行をサポートします。特にカーブでの走行の際の安定感が増しました。Electronic Stablity Programの略です。


新型スイフトスポーツは、ギア比がローギヤード化されています。それが、ふたつめの改良点。以前のスイフトスポーツは、回転数が低いハイギヤード設定がされていました。そのため、燃費はいいものの、パワー不足感が否めませんでした。今回は、燃費を考慮した上で、ギア比をローギヤード調整しました。そのため、今までの燃費効率のまま、パワーアップ感が上昇。低回転・高速志向のギア・セッティングを実現しました。


新型スイフトスポーツは、そのスポーティなエクステリア(外観)だけでなく、インテリア(内観)も魅力的。大きめなレカロ仕様のシートは左右からしっかりサポートされているため、長距離ドライブでも、快適。車内の収納スペースの使いやすさやESP機能、低燃費ローギヤードのギア比という2つの改良点は、実際に乗ってみて体感するのが一番です。是非、試乗してみてください。

posted by スイフトスポーツ at 11:57| スイフトスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

スイフトスポーツとは、スズキ・スイフトの

スイフトスポーツとは、スズキ・スイフトのスポーツ仕様のハッチバック型自動車のことです。約70%がマニュアル仕様で、オートマチック車が大半を占める日本自動車市場の中でも珍しい異色シリーズにも関わらず、月間700台から800台が売れています。スイフトシリーズ全体でも月4000台なので、月間700台から800台という数字は、スイフトシリーズの約20%の販売数を誇ります。実は、スイフトスポーツは、隠れた人気モデルなんです。


新型スイフトスポーツが2007年5月に登場しました。スイフトスポーツがマイナーチェンジされ、2つの大きな改良が加えられました。そのひとつがESP機能の標準装備。ESP機能とは、Electronic Stablity Programのことです。つまりエンジンとブレーキをうまく制御することで、車体の安定走行をサポートします。各タイヤが個別でブレーキ制御がかかるため、特にカーブでの走行時の安定感がアップしました。


次にあげられるのが、ギア比の変更です。スイフトスポーツの魅力のひとつであるマニュアル仕様のトランスミッションですが、今回のマイナーチェンジでスイフトスポーツは、ローギアードされ、パワーアップ感が増しました。以前のスイフトスポーツでは、ギア比が低燃費を意識したハイギヤードだったため、パワー不足感が否めなかったんですが、今回のギア比の変更で、低回転・高速志向のギアが設定され、パワー不足感を解消しました。


スポーティなエクステリア(外観)も然ることながら、インテリア(外観)も魅力的なところ満載です。大きめサイズのレカロ仕様シートは、左右からのサポート性が高く長距離ドライブでも快適です。社内の収納スペースの使いやすさやESP機能、低燃費ローギヤードのギア比は、是非、実際に試乗して、体感してみてください。

posted by スイフトスポーツ at 11:57| スイフトスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

スイフトスポーツは、その名のとおり、「ス

スイフトスポーツは、その名のとおり、「スイフト」のスポーツ仕様車のこと。スイフトとは、スズキが販売するハッチバック型自動車のシリーズですが、そのスイフト・シリーズ全体の月間販売数4000台の約2割である700台から800台の販売数を誇る人気モデルが、このスイフトスポーツ。オートマチック仕様の自動車が大半を占める日本自動車市場においては、珍しく約7割がマニュアル仕様になっている異色モデルです。


スイフトスポーツは、2007年5月にマイナーチェンジし、新型スイフトスポーツとして再登場しました。そのマイナーチェンジで改良された点は、大きく上げて2つ。まずESP機能が標準装備されたこと。ESP機能とは、Electronic Stablity Programの略でエンジン制御とブレーキ制御を組み合わせることで、更なる安定走行が可能になる機能です。各輪が個別でブレーキ制御できるので、特にカーブでの走行で安定性を発揮します。


もうひとつの改良点は、ギア比の変更です。今回のマイナーチェンジで、ギア比がハイギヤードからローギヤード化されました。それまでのスイフトスポーツは、低燃費を意識した低回転のハイギヤード・チューニングがほどこされていました。そのため、パワー不足感が否めず、弱点と言われていました。しかし、今回のハイギヤード化は、燃費と静粛性を重視した低回転・高速志向のギア比が設定されているため、今までの燃費効率を維持しつつ、パワー不足を解消し、パワーアップ感が充実しました。


マイナーチェンジながら、うまく進化を遂げたスイフトスポーツは、スポーティなそのエクステリア(外観)だけでなく、インテリア(内観)も魅力のひとつ。左右からのサポート性がアップしたレカロ仕様のシートは大きめで、長距離ドライブでも快適です。車内収納スペースの確認とふたつの改良点(ESP機能・低燃費ローギヤードのギア比)は、実際に体験してみるのが一番。是非、試乗してみてください。

posted by スイフトスポーツ at 11:57| スイフトスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。